みちのく ふるさと便      ユキパル 朝市通販      47Club

 南部八戸桑茶の紹介

  南部桑研株式会社は、かつて養蚕の盛んだった青森県南地方の放置桑園を借用し、再生して育てた桑園から桑葉を採取し、平成27年8月に建設した自社工場の桑茶専用工程で製造を始めました。 作られた桑茶は今までのものよりも有効成分の抽出されやすいという特徴があります。
  桑茶は、お茶を飲む習慣のある方で、糖分・脂分を控えたいとお考えの方にお勧めしたい健康茶です。
  なお、創業以来桑の栽培には農薬と化学肥料を一切使っていない。 桑茶は永くご愛飲いただきたいので、できる限り安全・安心なものを提供するよう努めています。
  桑茶の飲み方としては、急須に入れてお茶と同じように飲むか、やかんで煮出してから飲むのがお勧めです。 急須でしたら、約3gに対し約180ccのお湯を注いでから、2〜3分後に湯飲みに移すといいです。 例えば、朝飲んだ後昼・夜にもお湯を継ぎ足して飲めます。 やかんで煮出したものは、暑いときでしたら、冷蔵庫で冷やしてからハンディな魔法瓶に入れて携帯している方も多いです。 寒くなれば、やかんで煮出した熱いお茶を魔法瓶に入れるのもお勧めします。 桑茶は食事を逃さず飲むのが望ましいので、外食時も逃さず飲みたいものです。 桑茶は緑茶と違ってタンニンを含まないので、朝飲んだ後昼・夜に継ぎ足して飲むこともできますし、2日程度なら作り置きができるので便利です。







メインページ