当社への支援活動等

  まゆの里づくり去議会の活動は、当社の発足前のことなので、当社を支援するのが直接の目的ではなかったのですが、当社設立及び発足後の商品開発、宣伝方法等について貴重な情報を提供してくれたという意味では、有意義な活動であったので、ここに紹介します。
  また、これも必ずしもわが社を支援することだけが目的ではないですが、結果的に密接な連携をとって共通な目的である桑の普及に向けて活発な活動を行なっている、八戸短期大学「earth of H.T.D.」(代表 野田詩織さん)の活躍を紹介します。


 ふるさと財団の助成金による成果

  当社の母体となったまゆの里づくり協議会(豊田美好会長)では、2011年9月から翌年の2月まで助成金をいただいて、会社設立の検討、桑関係者の勉強会、新商品の試作、テスト・マーケッチング等を行っています。 その際、 あおもりコミュニティビジネスサポートセンターの山田里美さんに多大なご支援をいただきました。 その活動の中で、桑茶の試飲会を八戸市内だけでなく、三戸町、青森市、弘前市、東京都飯田橋の北彩館等で行い、同時にアンケートを実施し、約1,000件の回答を集めています。 以下に、その集計結果を示します。

 

  アンケートの結果は、当社のPR活動や商品開発に生かされています。
  例えば、アンケートの中のコメントからも商品改良のヒントをいただいており、会社設立後パウダーのパッケージは、縦長の深底のものからスプーンの入りやすい浅底のものに、改良されています。
  さらに、アンケートの中でスティックタイプへの要望が多かったことも、スティックタイプ開発のきっかけとなっています。


  八戸短期大学「earth of H.T.D」の活動

  八戸短期大学小渡教授のライフデザイン学科の学生3名で結成した「earth of H.T.D.」(代表 野田詩織さん)では、八戸市学生地域貢献表彰制度助成金を活用し、桑の普及に向けた活動(桑パウダーを使ったスイーツの試作、桑葉採取へ障がい者雇用の可能性検討、桑の葉料理コンテストの開催等)を精力的に行っています。 以下にコンテストを報じた記事を紹介します。
  但し、記事掲載の許可を取ることができたデーリー東北の記事には、残念ながらわが社の名前は出てきません。 試作のための桑パウダーのサンプル提供、ポスターを貼る場所の案内、審査員としての参加、審査会場でのパネル展示や試飲コーナー設置等、積極的に関わったつもりでしたが・・・・。


  コンテストの結果を踏まえて、グランプリを取った桑パウダー入りミルクレープの商品化を八戸市内のケーキ店に働きかけておりましたが、市内大手のお店は売れ筋商品の製造で手が回らないようでしたので、融通の利きそうなお店を探していたところ、堤町にある「ササンボン」さんが作ってくれることになりました。 ササンボンは野口さんが一人で切り盛りしていらっしゃいますが、ケーキ作りの教室を開くなど、精力的にスイーツの普及に努めている方で、まさに桑を生かしたスイーツを広めていただくには最適な方とコラボができて、幸運だと感じておりました。  しかしながら、残念なことに桑パウダー入りミルクレープを売り始めて間もなく、野口さんは家庭の事情で店をたたんで八戸を離れてしまい、この美味しいケーキが店頭から消えてしまったのは誠に残念です。





メインページ