平成26年6月25〜28日、台北市で行われる第24回台湾国際食品見本市「FOOD TAIPEI2014」にも出展しました。
  前回は、手持ちで商品を持って行ったので、多くは持ち込めませんでしたが、今回は別便で送ることにしました。 しかし、それが税関でお茶と判断されて、25%の関税を掛けられてしまいました。 桑茶はお茶ではないとアピールしましたが、税関には理解してもらえず、関税を払わなければなりませんでした。
  そこで、バイヤー向けの見本として持って行った桑茶でしたが、一般客が入る4日目に残っていた桑茶を全て売って帰ってきました。
  台湾の商社の中には、商談が成立しそうなところもありましたが、関税が高くては弊社のもうけが出ないので、具体的な交渉に入ることは断念しました。

【台湾の商談会「Food Taipei 2014」について】